自律神経失調症の予防策~様々な病気からカラダを守るコツ~

doctor

更年期の女性は要注意

nurse

更年期の女性は、自律神経失調症に注意する必要があります。女性ホルモンが分泌されないことで、自律神経をコントロールしている視床下部が過労状態になってしまうのです。更年期障害と自律神経失調症は大きく関係しており、症状が重い場合には内科で診察をしてもらいましょう。

» 詳細へ

専門医のいる病院で治療を

hospital

ストレスをうまく解消できないと身体が緊張状態になってしまいます。それが続くと自律神経失調症になってしまいます。自律神経失調症は心療内科を受診しましょう。つらい症状を薬で軽減しながら認知行動療法や自律訓練法で改善できます。

» 詳細へ

ストレスを把握すること

woman

多くの人が発症している自律神経失調症は、主に慢性的なストレスを原因とする場合が多く、それは放置しておくと様々な生活習慣病へと繋がるので注意が必要です。自律神経失調症を予防するためには、自分の体質・性格を見極めて、ストレスの原因を取り除くことや、状況を改善していく努力が必要となります。

» 詳細へ

自律神経失調と合併症

flower

自律神経失調と合併症

自律神経失調症とは、自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで起こる様々な心身の症状を指します。自律神経失調症に陥ると、体中の機能が低下するため、生活習慣病などの合併症を引き起こしやすくなります。その中でも糖尿病は、一度発症すると、生涯にわたって血糖値を気にして生きなければいけなくなるので、特に注意が必要です。自律神経失調症を予防するためには、ストレスを溜めない生活をする必要がありますが、そもそもストレスには多くの種類があり、自覚できないレベルのものも含まれています。それを解消するためには、まずはストレスについて、よく知ることが大切なのです。

目に見えないストレス

ストレスと言えば、精神的なストレスが連想されがちですが、実はそれ以外のものも存在します。例えば構造的ストレス、環境的ストレス、化学的ストレスなどが良い例です。構造的ストレスとは、身体の歪みのことです。身体の歪みに関しては、無自覚で生きている人が多く、特別生活する上で困らない限りは、矯正しようと考える人は少ないのです。環境的ストレスも同様です。例えば、気温や湿度、騒音といった環境的なストレスも、積み重なると大きなストレスになりますが、自覚が難しい場合も多いのです。化学的ストレスとは、主に栄養素に含まれる化学添加物のことを指します。これも自覚できる機会は少ないのですが、例えばカフェインや砂糖の摂りすぎは、身体にストレスを与えるのです。これらの目に見えにくいストレスを意識して、自律神経失調症を予防しましょう。ストレスに効果的と言われているビタミンB群やビタミンA、ビタミンCなどのサプリメントを日常から摂取して、ストレスに強い体内環境を作ることも重要です。