自律神経失調症の予防策~様々な病気からカラダを守るコツ~

doctor

更年期の女性は要注意

nurse

更年期との関係性

女性の45歳から55歳前後は、更年期と呼ばれています。更年期には、閉経により大幅に女性ホルモンが減少します。多くの不快な症状が出ることで知られる更年期障害は、この女性ホルモンの大幅な減少が原因です。しかし、もう1つ気を付ける必要がある症状があります。それは自律神経失調症です。更年期と自律神経失調症は大きく関係しています。女性ホルモンは、脳の視床下部からゴナドトロピン放出ホルモンが分泌されることにより分泌されます。ゴナドトロピン放出ホルモンにより下垂体からゴナドトロピンが分泌されることにより、卵巣を刺激します。卵巣が刺激されることで、女性ホルモンが分泌されるのです。しかし、閉経を迎えると、いくら卵巣を刺激しても女性ホルモンは分泌されません。そのため、さらに女性ホルモンを分泌させようと、視床下部からゴナドトロピン放出ホルモンが多く分泌されるようになります。

内科で診察してもらおう

ゴナドトロピン放出ホルモンをいくら分泌しても、閉経後には女性ホルモンは分泌されません。そのうち、ゴナドトロピン放出ホルモンを司る視床下部が、過労状態となってしまいます。視床下部は自律神経もコントロールしているため、視床下部が過労状態になると自律神経も乱れることになります。これが更年期の自律神経失調症の原因です。更年期障害では、精神的な症状も多く見られます。そのほとんどが自律神経失調症と関係していると言われています。精神的な症状で悩まされている場合には、内科で診察をしてもらうようにしましょう。内科では総合的な診察をしてくれるため、精神的な症状にも対応してくれます。また、女性ホルモンと同様の働きをする成分をサプリメントなどで摂取することも、更年期の自律神経失調症には有効です。