自律神経失調症の予防策~様々な病気からカラダを守るコツ~

doctor

専門医のいる病院で治療を

hospital

緊張状態が続くと大変

ストレスが多い現代では体が緊張状態になっている人が増えています。ストレスは早く解消することが大事ですが、それができなくて困っている人も多いです。ストレスを解消するにはリラックス方が有効です。深呼吸や軽い運動やぬるめの入浴が効果的です。ストレスがあると交感神経がいつも優位になっています。リラックスして副交感神経を働かせるようにしましょう。しかし眠れない、胃の調子が悪い、疲れが取れなかったりだるかったりすることが続いてしまうとリラックスすることができなくなってしまっています。いわゆる自律神経失調症です。自律神経失調症になると不快な症状が取れなくなってしまいます。そういったときは病院で治療しましょう。

心療内科の受診を

身体に不快な症状がある場合はまずは内科を受診して異常がないか検査をしましょう。検査で異常がなければ心療内科を受診してみましょう。自律神経失調症は飲んで治る薬はありません。しかし対処療法でつらい症状を軽減することができます。自律神経失調症の多くは間違った考え方やストレスをうまく解消できないことにあります。そういったことを指導してもらうことで考え方を改善することができます。認知行動療法や自律訓練法が効果的です。専門医の指導で自律神経失調症を改善することができます。また漢方薬も効果的です。身体的な苦痛が強い人には漢方薬で心身のバランスをとることで症状が楽になって行きます。漢方の専門病院で相談しましょう。